電話の取次ぎ 上司の言葉に救われました

社会人になって数か月、まだまだ慣れないことばかりの新人だった頃。 当時、自身は入社した企業のこともざっくりとしか知らず日々業務をこなすのが精一杯でした。 そんな中で恐怖の一つだったのが、電話の取次ぎでした。 誰から、どんな用件でかかってくるのか予想がつくよう慣れるまでは、受話器をとるのさえためらわれました。 ある日、電話の呼び出し音にびくびくし、とるのをためらっている…

続きを読む