電話のメモには、相手先の電話番号も添えて

不在中の社員宛の電話を受けたとき、メモを残しておきます。

相手先の企業名、電話をかけてきた方の名前、用件、そして念のため、かかってきた電話番号も書き添えます。

初めてかかってきた相手先からであれば当然ですが、取引先で何度も電話のやり取りをしている方でも書いておいたほうが、その社員が折り返しの電話をかけるまでの時間のムダを減らすことが出来ます。

電話番号を暗記しているほどの相手先であれば問題無いですが...。

おそらく知っているだろうと未記入にしたときに限って、このメモのお客様の電話番号は?と質問されかねません。

この記事へのコメント